嫌気性接着剤 | ねじゆるみ止め接着剤

嫌気性接着剤とは空気を遮断することで硬化がはじまる性質をもつ接着剤のことで、塗布をしてから締め付けるねじのゆるみ止めに最適です。ロックタイトでは耐振性のある低強度の接着法から活性金属やステンレススチールなどの被着帯にも使用できる高強度の接着法など、用途に応じた接着方法を提供しています

222
低強度タイプ。M12 以下のロックとシールに適します。耐振動・耐衝撃性良好で取外しも容易に行えます。

243
耐熱性が向上された中強度タイプ。M6~M20 に適します。耐油性を有し、メッキ面や不活性材質の接着とシールに優れます。
取外しも可能です

248(スティック状タイプ)
中強度タイプ。ろう状の半固体製品でスティックアプリケーターパッケージ入り。液状では流れ落ちてしまう場合や塗布することが困難な個所に対して最適です。

263
高強度タイプ。活性金属(真鍮、銅等)だけでなく、ステンレススチールやメッキ表面のような不活性な被着体にも使用できます。
また、高い耐熱性と油面接着性を有するため、切削油、潤滑油、防錆油、部品保護剤等の若干の付着に対して適用可能です。

268(スティック状タイプ)
高強度タイプ。ろう状の半固体製品でスティックアプリケーターパッケージ入り。液状では流れ落ちてしまう場合や塗布することが困難な個所に対して最適です。

272
高強度タイプの耐熱用(230℃)です。耐熱を要求されるM36 以下のスタッドボルトやボルトの固定シールに適します。

290
中強度タイプ。M12以下の締付け後の後浸透によるロック、シールに適します。溶接部や鋳物のピンホールのシールにも優れ た気密性、耐圧性を示します。

2701
高強度タイプ。高温(150°C)耐油性に優れます。M20以下の亜鉛メッキ、黒染めボ ルト・ナットのゆるみ止めに優れた性能を示 します。

915
永久固定用の遅硬化型です。黄銅のボルト、 ねじ継ぎ手のロックとシールに適しています。

210Red/210(LO-210)/211(LO-211)
高強度のロックとシールに適します。加熱 によりはみ出し部も硬化します。亜鉛クロ メート、黄銅などのねじの固定及びはめ合 い用に最適です。
 

2046
工具での取り外しが可能な中強度タイプ。 耐熱性があり、食品や飲料関連の機械や設備などに使用可能です。FDA 認定。アクリル・ウレタンハイブリッド製品で2液性です。嫌気性と湿気で硬化するため、はみ出し部も硬化します。

2047
高強度高潤滑性タイプ。遅硬化特性があり、 硬化前に複数のボルトを締め付けるといっ た作業に最適です。また、締め付ける時に熱が発生する高トルクのボルトに使用する際にも途中で硬化することはありません。